知る 雑学

人日の節句ができた起源や意味、七草粥を食べる理由やその効果とは?

当サイトの記事内には広告を含む場合があります

七草粥(人日の節句)

年が明けて最初にやってくる五節句の1つ、人日の節句。

この日は、実は中国の占いから伝わってきたということをご存知でしょうか。

また、現代の日本では春の若菜を粥に仕立てて食べ、年中の無病息災を祈る習わしがあります。

今回は、人日の節句ができた起源や意味、古くから伝わる日本での風習を紹介します。

この記事を読むことで、1年の幸先よいスタートをきるためのご参考になれば幸いです。

他の年中行事・イベントについては、下記記事でまとめていますので併せてご参考ください。

人日の節句とは

人日の節句(じんじつのせっく)は、新しい年を迎えて初めて訪れる五節句の1つです。

別記事で改めて解説しますが、五節句とは、奈良時代に中国から伝わった奇数が重なる日を縁起のよい日とした考えです。

人日の節句ができた起源

人日とは、その名の通り「人の日」を表し、その起源は古代中国に遡ります。

古代中国では、正月元旦(1月1日)を鶏の日、2日を狗(犬)の日、3日を猪(豚)の日、4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日という動物に見立てた占いを行う日として、それぞれの動物を大切にし殺さない日と決められていました。

古代中国での1月1日は鶏を占う日(人日の節句)

そして1月7日は、動物でなく人間を占う日とされ、この日は人を殺さない(処刑を行わない)日とされていたため、「人日」と呼ばれていたのです。

1月1日:鶏の日
1月2日:狗の日(犬の日)
1月3日:猪の日(豚の日)
1月4日:羊の日
1月5日:牛の日
1月6日:馬の日
1月7日:人の日
1月8日:穀の日

1月のカレンダー(人日の節句)

また、前年の厄を払い1年の無病息災を願う日でもあり、唐の時代には七種菜羹(ななしゅさいのかん)といって、7種類の野菜や草を入れた汁物を食べる風習がありました。

これは、古代中国の「荊楚歳時記」という書物に、「人日には七種類の若菜で羹(あつもの・温かいスープのこと)を頂く」といった記述があることからわかります。

古代中国での1月7日は人の日(人日の節句)

日本に伝わった人日の節句

この古代中国で行われていた風習は、奈良時代に日本へ伝わったといわれています。

当時、日本では正月に、芽を出してから間もない柔らかい葉を採って食べる、若菜摘みという風習がありました。

光孝天皇がこの行事について、「君がため 春の野に出でて 若菜つむ わが衣手に 雪は降りつつ」と歌に詠んでいます。

あなたのために春の野原に出て若菜を摘んでいると、春だというのに着物の袖に雪が降ってきた、という意味合いでしょうか、百人一首にも採用されています。

平安時代には、中国の七種菜羹と日本の若菜摘みが、7つの穀類を食べる風習として結びつき、これが後述する「七草粥」の原型となるのです。

日本古来の風習、若菜摘み(イメージ)

別名:七草の節句

人日の節句は、桃の節句や端午の節句と同じく、江戸時代に五節句の1つとして制定されました。

前述した通り、中国で占いの日として決められている「人の日」が由来です。

また、この時に七草粥を食べる習慣が広まったため、別名で「七草の節句」ともいわれるようになりました。

七草粥には邪気を払う力があり、食べることでこの年は病気をしないとされています。

七草粥、人日の節句は別名で七草の節句

人日の節句と七草粥

人日の節句は、別名で七草の節句とも呼ばれています。

毎年1月7日は、古くから七草粥を食べる習慣がありますが、なぜ、この日に食べるのでしょうか。

七草粥を食べる理由

人日の節句である1月7日に、七草粥を食べる理由は、七草の若菜を食べることで植物がもつ生命力を取り入れ、旧年の厄や穢れ(けがれ)を払います。

人日の節句は、1年の健康を祈る日であり、無病息災でいられるようにという願いが込められているのです。

七草粥は、春の訪れを予感させる7種類の野草を入れて作ったお粥のことで、七草については後述しますが、昔の和歌に「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ 春の七草」という歌があります。

七草粥と春の七草

七草粥の効果

七草粥は、もともとは冬に不足しがちな緑黄色野菜やビタミン、ミネラルを補給するための健康的な意味で作られていました。

長寿や無病息災を願って食べていたのは、七草粥に入れる七草には健康に関わる効果があったためです。

胃を丈夫にするほか、解熱効果や利尿作用、整腸作用、血圧降下作用といった効果があるといわれています。

現代では、ご馳走をたくさん食べた正月明けに、あっさりとしたお粥で疲れた胃腸を休める目的で食べていることが多いでしょう。

七草粥それぞれの意味・効能

七草粥は、春の七草として知られる、芹(セリ)・薺(ナズナ)・御形(ゴギョウ)、繁縷(ハコベラ)、鈴菜(スズナ)、蘿蔔(スズシロ)、仏の座(ホトケノザ)の7種類の春草を入れて作ったお粥のことです。

春に芽吹く7種類の春草には、実はそれぞれの意味や効能があります。

長寿や無病息災を願って七草粥を食べていたため、さまざまな効果があるわけです。

七草粥(人日の節句)

芹(セリ)

意味:競争に競り勝つ
効能:整腸・解熱・降圧作用

芹は、新芽がたくさん競り合って育つ様子から、勝負に「競り」勝つという意味で、縁起物にされている食材です。

胃腸の調子を整える整腸効果、高血圧や動脈硬化といった血圧降下作用のほか、解熱効果や利尿作用、食欲増進などの効果があります。

七草の1つ、セリ(芹)

薺(ナズナ)

意味:撫でることで汚れを払う
効能:解熱・便秘・利尿作用

薺は、現代でいう「ぺんぺん草」のことで、撫でることで汚れを取り除くという縁起のよい食材です。

古くから民間療法で用いられており、解熱や便秘、利尿、止血作用があり、むくみにも効果があるといわれています。

御形(ゴギョウ)

意味:人形や仏の体
効能:咳・痰・喉痛の鎮静効果

御形は、「母子草(ハハコグサ)」とも呼ばれるキク科で、仏体を表す食材です。

昔は草餅の食材として利用されており、咳や痰を鎮め、喉の痛みを和らげる効果があるといわれています。

繁縷(ハコベラ)

意味:繁栄がはびこる
効能:鎮痛作用・歯槽膿漏

繁縷は、「ハコベ」とも呼ばれているナデシコ科で、繁栄がはびこるという縁起のよい植物です。

中国では薬草とされ、昔から腹痛薬として使用されており、胃炎などの鎮痛作用や歯槽膿漏の予防に効果があります。

別名がハコベと知り、筆者が幼少時代に祖父に連れられて近くの山へ登ってよく摘んでいたのを思い出します。

当時、飼っていたセキセイインコ2匹の餌にするためにたくさん採っていたのですが、英語では「chickweed」でヒヨコの草という意味だと知った時は、餌に向いていることに納得がいきました。

七草の1つ、繁縷(ハコベラ)で別名はハコベ

仏座(ホトケノザ)

意味:仏の座る場所
効能:解熱・整腸作用

仏の座は、正式名が「子鬼田平子(コオニタビラコ)」のキク科で、葉が地を這うように伸び、中心から伸びた茎に黄色い花をつけることから、仏の安座という意味合いがあります。

胃の健康を促す整腸作用、歯痛や高血圧予防といった効果があるといわれています。

ちなみに、シソ科でホトケノザという同じ名前の植物がありますが、ピンクの花を咲かせるのが見た目の特徴で食べられませんので気をつけてください。

菘(スズナ)

意味:神を呼ぶ鈴
効能:便秘・胃腸の改善

菘は、正式名が「蕪(カブ)」のアブラナ科で、神を呼ぶための鈴として縁起の良い野菜です。

胃潰瘍や胃炎、便秘など、胃腸の調子を整えることが主な作用で、しもやけやそばかすにも効果があるといわれています。

蘿蔔(スズシロ)

意味:汚れのない純白
効能:食欲増進・利尿作用

蘿蔔は、現代でお馴染み「大根」のことで、根が汚れのない純白さを表していることから名づけられたとされています。

頭痛や発熱、冷え性といった風邪症状のほか、食物繊維を含むことから消化不良や便秘の解消、美容にも効果があるといわれています。

春の七草(セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・スズナ・スズシロ・ホトケノザ)

上記のように、それぞれの春草には意味が込められており、身体の健康を促す効果が期待されています。

この七草をすべて合わせると約12種類の薬膳効果があり、含まれる栄養素は約7種類あるそうです。

人日の節句は1月7日ですが、七草粥が風習として定着した江戸時代当時の1月7日は現代の2月初めであるため、春の七草は比較的採集しやすかったことでしょう。

現代の技術では、野菜や野草も本来の成長時期をずらして栽培し、レトルト加工して販売されており、年末年始は何かと慌ただしいため早めに用意しておくといいでしょう。

終わりに

古代中国の占いや風習から伝わってきた、人日の節句。

別名で七草の節句とも呼ばれているように、1月7日には七草粥を食べる習慣が定着しています。

七草粥には、無病息災を願う意味だけでなく、正月のご馳走や祝い酒により食べ過ぎて弱った胃を回復させるために食べるともいわれています。

また、冬の風邪をひきやすい季節でもあり、打ってつけのちょうどいい文化・風習です。

人日の節句は、人間を大切にする日であり、まさに身体に優しい節句ともいえるでしょう。

寒い季節にある人日の節句

同じ1月7日には、鏡開きや松の内なども加わります。

お正月の行事は何かしらの決まり事があり、それだけに1年の中でも特別な期間ということで有意義に過ごしたいものですね。

元旦や元日、正月については、下記記事で解説していますのでご参考ください。

-知る, 雑学
-